Uncategorized

ワンマン社長の特徴や転職を勧める理由

「自分の会社の社長はワンマン社長かも・・・」と感じているあなた。この記事で紹介するワンマン社長の特徴に合致しているのがあなたの会社の社長であれば、要注意です。

この記事は、ありがちなワンマン社長の特徴を6つ紹介させて頂きます。あなたが会社で感じていることと一致しないか、よく確認してみましょう。

ワンマン社長の経営する会社にありがちな6つの特徴

早速ですが、ワンマン社長の経営する会社にありがちな6つの特徴を紹介していきましょう。一つ一つ詳細を紹介していきますので、是非ご覧になってみてください。

1.社長同席での朝礼が意味不明に長く、社訓等を言わされる

まず一つ目は社長同席での朝礼が、異常に長く朝礼で毎回社訓等を大きな声で言わされる・・・などと言った会社は、ワンマン社長の経営する会社には非常にありがちな傾向です。朝礼などはどの会社でもその日の確認事項をパッと確認したら終わりの会社がほとんどですし、そもそも朝礼がごく稀にしかないという会社がほとんどだと思います。しかし、ワンマン社長の経営する会社はそうではないのです。社長同席などで朝礼し、叱責や、実にならない精神論を叩き込んで来るというケースが非常に多いのです。それだけに限らず、社訓等を毎度の如く唱和させられる会社もワンマン社長の経営する会社にありがちなことです。自分の理念を従業員に骨の髄まで染み込ませたいという意思の現れとも言えます。社訓等を理解することは決して悪いことではありませんが、従業員全員が同じ考えだけを持って仕事をすることは単なる思考の停止としか言いようもなく、業績にプラスになる要素も特にありません。

2.離職率が、以上なまでに高い

ワンマン社長の経営する会社では、そのやり方に従えない・理解出来ないという従業員が多いせいか、短期間内での離職率が非常に高い会社が多いのです。勘の鋭い方なんかは、入社して早々に「この会社何かがおかしい・・・」と感じ1週間〜数ヶ月の内に辞めてしまうなどということも決して少なくありません。その人は根性がなかったのではなく、その会社に異常性にいち早く気付き、去るという選択をしただけなのです。そのせいもあってか、転職サイトなどでは頻繁に社員を募集している場合も多いため、転職活動を行う際には転職先の会社の口コミや評判などを転職会議(https://jobtalk.jp)などの口コミサイトでよくチェックしてみることも重要です。

3.私情・プライベートを社内に持ち込む

ワンマン社長の経営する会社にありがちなこと3つ目は、社長が自分の私情やプライベートを会社に持ち込むということです。「自分の会社だから良いじゃないか」という考えを抱いている社長も居るかもしれませんが、その時点でワンマン気質が溢れ出ているとも言えます。例えば社長の飲み会は強制参加だったり、社長が私情や私用で頻繁に会社から外出していたり、会社の経費を私用に流用していたり・・・などという事がある会社は社長が公私混同している会社です。仕事の基本は当たり前のことですが、止むを得ない事情を除いては基本的に私情などを挟むべきではないというのは、社長に限らず一般社員であっても当たり前のことです。その当たり前のことすら出来ていない社長がトップの会社であれば・・・その会社にはあまり未来はないのでは?とも考えられます。

4.役職者や社員を大勢の前で怒鳴りつける

ワンマン会社の社長にありがちな傾向として、度を超えた叱責・大勢の前で怒鳴りつけると言った傾向があります。もちろん指導したり、叱責をすること自体は全く悪いことではありませんが、それを大勢の見ている前で行う必要性はあまりなく(場合によってはあえてやることによって場を引き締めるという狙いもありますが)、それをすることによって、自分の言うことは絶対だ、自分の言うことは絶対に聞かなければならないという事を周りに対して知らしめたいのです。それが頻繁に起こってしまうと、従業員は皆、社長に叱責を受けないようにと必要異常に萎縮・緊張してしまい、本来の力が出せなくなってしまうことも少なくないのです。

5.社員を研修や叱責で、洗脳しようとする

ワンマン社長にありがちな傾向として、社員を根性論の研修や叱責で洗脳しようとする傾向が多く見られます。社員を自分の色に染め上げる事で、自分に対する「イエスマン」を多く作りたいと言う意思の現れで、洗脳するためにその社員を罵倒して人格を否定したり、「だからお前はバカなんだ」「だから仕事が出来ないんだ」と言うように、相手を頭ごなしに否定する事で、従業員の思考能力を奪ってしまおうとする傾向が強くあります。そう言った会社からは何も生まれず、一人一人はその社長の単なる兵隊にすぎないので何のスキルも身につきませんし、そのような会社で働いていても得るものは何もありません。

それに従わずに過ごしていると、会社から業務の面で干されてしまったり、待遇面で意味不明な処罰を受けてしまったりということも往々にしてあり得るため、そう言った会社には長居してはいけません。

6.何をするにも必ず社長の承認が必要となる

ワンマン社長の経営する会社では、あらゆることの決議に社長の承認が必要となるケースがほとんどです。もちろん重大な事案であればその会社でも社長の承認は必要な事ですが、現場の役職者の承認だけで十分なものでも、ワンマン社長の経営する会社では承認が必要というケースが多いのです。ワンマン会社の社長は、基本的に現場の管理者を信用はしていません。そのため、何から何まで自分でチェックしなければと考えていますし、自分が会社の全てを必ず把握していなければという心理を抱いています。そう言った状況では、仕事に個人個人の意思など宿すことは出来ませんし、全て社長の気にいるように・・・という仕事しか出来ないのです。そうなってしまうと「自分は何のために会社に居るのだろう・・・」という気分になってしまいますよね。それはビジネスマンとしては、非常に悲しい事です。

ワンマン社長の会社に居ても良いことはなし!あなたの人生のためには転職という選択を

上記で6つの特徴を紹介させて頂きましたが、この状況を打破するためにはどうすれば良いのでしょうか。結論から言ってしまうと、ワンマン経営の社長の経営する会社に属していて、いつかワンマンぶりが改善されることなどほとんどありません。ワンマン社長の経営する会社は、最後までワンマン社長の会社なのです。会社を良くしようと、社長の考えに対して異を唱える者がいれば、冷遇されてしまったりすることも多く、いつまで経ってもその状況が改善されません。そう言った会社にあなたが属して居る場合はあなたの人生のためにも、転職をする事を強くお勧めします。あなたの人生は一回しかなく、そのような会社で過ごしていてもあなたの時間はどんどん過ぎて行くばかりです。全てが社長の言い成りで仕事を進めている以上は、別な会社のビジネスマンと比べるとビジネススキルもつきませんし、メリットが何一つないのです。ワンマン社長の会社を辞めて転職するという選択は逃げではなく、意味のある選択をしているだけです。ワンマン社長の経営している会社にいてもあまり意味はありません。ワンマン社長の会社に居てもこれ以上良くなる可能性はありませんが、転職先には良い労働環境が広がっている可能性が十分にあります。環境が変わるリスクを恐れず、是非あなたの人生のために転職にトライしてみて下さい。

まとめ

以上、ワンマン会社の社長の特徴を紹介させて頂きましたが、如何でしたか?自分の働いている会社の環境と一致している点があった方は少しゾッとしたのではないかと思います。ワンマン経営が必ずしも悪というわけではありませんが、今回紹介した6つの特徴の多くに合致する会社であれば、長居するとあなたにとって良いことはほとんどないとも言えます。こう言った会社に属している場合は転職も選択肢の一つとしては、非常に良い選択肢です。是非前向きに転職を検討してみる事をオススメします。