Uncategorized

20代の転職で考えたい3つのことと、おすすめの転職サービス

転職したいと考えるには多くの理由が人それぞれであると思います。転職というのは、転職をしたことのない方にとっては多くの漠然とした不安を抱いていると思います。それでは、20代で転職をするのであれば、どのような事を考えなければいけないのでしょうか。この記事では、転職をする上で考えなければいけないこと4つを紹介させて頂きます。是非最後までご覧になって下さいね。

20代の転職理由ランキングTOP10

20代の多くの人が転職をする理由はどのような理由なのか、まずは参考までにチェックしてみましょう。下記の表は転職支援サービスで有名な「DODA」が毎年発表している転職理由ランキングの20代版です。ランキングを見てみると、割合が最も多いのが他にやりたい仕事があるが1位。続いて給与に不満がある・・・残業が多い/休日が少ないという理由が続きます。

順位 前年度 転職理由 割合 前年度比
1位 1位 ほかにやりたい仕事がある 15.4% -0.9pt
2位 2位 給与に不満がある 10.3% 0.6pt
3位 3位 残業が多い/休日が少ない 9.2% 0.3pt
4位 4位 会社の将来性が不安 7.9% -0.1pt
5位 5位 専門知識・技術力を習得したい 5.1% -0.5pt
6位 8位 土日祝日に休みたい 4.1% 0.3pt
7位 6位 幅広い経験・知識を積みたい 3.9% -0.1pt
8位 7位 U・Iターンしたい 3.6% -0.2pt
9位 9位 市場価値を上げたい 3.5% -0.1pt
10位 10位 雇用形態を変えたい 3.1% -0.3pt

出典:https://doda.jp/guide/reason/2018/004.html

やはり20代の転職理由で最も多いのは、「他にやりたい仕事がある」という理由がナンバーワンです。新卒からの漠然として就職活動で、自分が入った企業と自分のやりたい事にズレがあったというのが、一番の理由になっているようです。

やはり仕事を長く続けるためには、その仕事をやりたいと思えるような強いモチベーションが必須です。長く仕事を続けていくならやはりやりたいと思う仕事をとことんやり続けたいですよね。それは決してネガティブな転職理由ではないので、非常に前向きな転職理由とも言えます。

1本当に転職が必要なのか?少し嫌な事があったからその環境から逃れたいだけではないか?

隠れた転職理由の中に非常にありがちなこととして、現在の職場・会社という環境から逃れたいだけなのではないかという理由もあります。特に20代の方のような社会人としては年齢の若い方には多く見られがちな理由であるとも言えます。よほど酷い長時間残業や、休みが本来の所定よりも少ない、職場でのパワハラが酷いなど俗に言う「ブラック企業」に勤めているのであれば話は変わってきますが、そうでないのであれば、ただ嫌な事から逃げたいだけという非常にネガティブな転職理由になります。学生時代とは大きく状況が変わり、厳しい社会に身を置くようになった環境の変化からそのように感じるということは、非常に理解は出来ますが、転職したところで今より楽な職場に行けるとは限りません。そういったスタンスで転職活動をし、仮に内定が取れたとしても、働き始めてもまた転職しようかな・・・という転職癖がついてしまう可能性もあります。

その他に考え直した方が良い転職理由にはどのような転職理由があるのでしょうか。詳細を説明していきましょう。しかし、上記以外にも他の転職先でも苦しむ理由となる、もしくは正直に話すと面接などではNGという内容もあります。そういったNGな転職理由を紹介していきましょう。

人間関係に不安、不満がある

職場の人間関係に悩んで転職したいと考える・・・。決してこれが悪いこととは言いませんが、これは転職したとしても同じ会社で部署が変わっても、同じような問題が起こることがあります。職場というのは、いろいろな環境で育ってきた人間が集まる場所でもあります。その環境の中で上手くコミュニケーションを取って関係性を深めていくことも凄く大事なことで、それも含めてのあなたの能力です。また、人間関係が不満での転職は転職先の企業からしても、「うちの会社に来てもまた人間関係で辞めるのではないか」という懸念から不採用になってしまうことがほとんどです。

人間関係に不安がある場合は、今の職場でしっかりと人間関係を構築するよう努力することがベストと言えます。

仕事から離れ心身ともにリフレッシュしたい

これはケースバイケースと言えます。体調を病気などで悪くしている場合は、今後の人生を考えると思い切って退職して治療に専念することも重要です。

しかし、そうではなく、何となく嫌になった・疲れたからということで転職したいということであれば話は別です。転職したからと言って必ずしも転職先では心が休まるわけでなく、より厳しい環境にさらされる可能性もあるのです。そのため、そう言った理由での転職は避けることが懸命です。

しかし、あまりに過酷で非常識な労働環境でそこから逃れてリフレッシュしたいという考えは全くNGではありません。そう言った環境下から逃れることは全く悪いことではありませんし、あなた本来の力を発揮するのであれば、そう言った非常識な労働環境からは早々に離れた方があなたのためになります。

転職活動における優先順位をしっかりとつける

転職活動においては、「ここだけは譲れない」という明確な優先項目・優先順位をつけることが重要です。それは何故かというと、あなたが求める全ての「こうあって欲しい」という項目を全て満たすような転職先は現実的にはほとんどないと言えるからです。20代で年齢的には若いと、転職先の選択肢が豊富ではありますがそう言った企業に巡り会える可能性は正直な所、極めて低いと言えます。仮にそう言った企業が存在していたとしても、その企業があなたが転職を検討するタイミングで人員を募集するとも限りません。そのため、あなたの転職活動における優先順位をある程度満たす転職先を見つけることが大切なのです。まずは紙などに自分が転職において求める優先事項・優先順位を紙などに書き出して見ましょう。下記は優先順位の具体例です。

  • 収入(年収)、給与形態
  • 長時間残業の有無など
  • 休日
  • 企業のネームバリュー、ブランド性
  • 企業の規模
  • 自分のスキルアップが望めるか、今後の成長が望めるか
  • 自分のやりたい仕事内容なのか

などなど。

上記はあくまでも一例ですが、この中で「これだけは譲れない」というポイント見つけておくことが大切です。

20代での転職はまだまだ今後の可能性が広がっているものです。今後、自分が社会人としてどうありたいか、ビジネスマンとしてどう成長していきたいかをよく考えて転職の優先順位を決めていきましょう。

3.現在の職場から離れて本当に後悔はないか

よく安易に転職を決めてしまって、「前の会社の方が良かったのでは・・・」と後から後悔するということは20代の転職ではありがちなことです。

若年層の転職活動において、最も失敗する理由の一つは「自分自身に甘さがあること」です。新卒で入社した会社が、非常に厳しいと感じることもあるかもしれませんが、それは本当に厳しい会社なのかは今まで社会人の経験がなかったからそう感じるだけ・・・ということも十分にあり得るのです。

20代の転職において、覚悟して置かなければならない点は下記の3点です。

  1. 今の職場より厳しい環境になることもあり得るということを覚悟しておく
  2. 1社目を短期間で離職していた場合、次の会社にはある程度の期間在籍しなければ経歴に傷がつく可能性がある
  3. 給与は転職先の会社の新卒と同程度の給与の可能性がある

この3点に関しては覚悟をしておくことが必要です。特に3点目の給与面に関しては、現職の在職中によほど素晴らしい結果や成績を残すと言ったことや、独自のスキルを身につけていないと、給与のアップは望めない可能性が極めて高いです。30代の転職であれば、これまでに見つけてきたスキルを活かした転職により大きく年収をアップさせることが出来るかもしれませんが、20代の、特に若手の転職活動において、それは難しいということを頭に入れておきましょう。

20代の転職にオススメの転職支援メディアは?

ビジネスマンの転職活動において重要なツールとなるのは、リクナビNEXTやDODAなどの転職支援サービスの活用です。これらをしっかりと活用出来ているかどうかが、転職活動成功の大きな鍵になるのです。どのような転職支援サービスがあるのかを各サービスの特徴と合わせながら、紹介していきます。その全てが無料で活用できる為、活用しない手はないとも言えます。

サービス名 特徴
リクナビNEXT 転職サイトでは人気ナンバーワン。求人案件も非常に多く、転職活動を行う上では活用は必須とも言えるサイトです。
マイナビ転職 リクナビNEXTに次ぐ人気の転職サイト。リクナビNEXTとは異なる求人を掲載しているケースもある為、登録は必須。
Re就活 20代の若手に向けた求人をメインに取り扱う転職サイト。短期間で現職を辞めてしまった場合でもOKという求人も掲載されている為、「もう一度就活をやり直したい」というスタンスの人にはピッタリです。
ビズリーチ 求められるスキルや経験などのハードルは高いものの、高年収の求人が揃っているのが一つの特徴。

これらがオススメの転職サービスサイトです。転職活動においては、どれだけ多くの選択肢を持っているかも成功の鍵になります。1つだけ登録するのではなく、上記の中から3つ程度は登録しておくのがベターです。

もっと転職サイトを有効活用したいのであれば・・・転職エージェントサービスを利用しよう

より転職活動を有意義に進めていきたいという方にオススメなのが、転職エージェントサービスの活用です。転職エージェントサービスというのはどのようなものかというと、企業と求職者の間に、転職エージェントが入ることで、非公開求人を紹介してもらえたり、仕事選びの情報提供、書類の添削や面接の際のアドバイス、日程調整から給与交渉まであなたに変わって行ってくれるという優れたサービスです。なかなか平日の昼間などに現職の仕事をしながら転職活動の補助を行ってくれるわけですから、利用しない手はないとも言えます。実際、筆者も転職活動の際はかなり重宝していました。

早速ですが、数ある転職エージェントサービスの中からオススメのサービスと名前とその特徴を紹介していきましょう。

 

サービス名 特徴
リクルートエージェント リクナビNEXTでお馴染みのリクルートのエージェントサービス。利用者も非常に多く、求人も公開求人と非公開求人の両方が豊富。ひとまず登録しておいて損はないとも言える。
DODA DODA独自の非公開求人が非常に多いのが特徴で、公開求人にはまず出てこないような、優れた求人に出会えることも多い。企業からのスカウト機能も充実している。
マイナビエージェント マイナビ転職のエージェントサービス。母体の求人も多い為か多くの案件を取り扱っているのが特徴。DODAと比較すると非公開求人は少なめ

上記はあくまでもメジャーなエージェントサービスの中でのオススメですが、中にはUターン転職や地方に特化した転職エージェントサービスも存在しています。

転職エージェントを活用したことで、先ほど紹介した転職の優先順位を伝え、それを元に転職先の求人を紹介してもらうことも可能です。転職エージェントを活用すると、転職へのスピードが一気にアップする為、活用しない手はないとも言えます。特に20代の転職に関しては、知識や経験が不足している場合も多く、最初の転職活動はエージェントに色々なノウハウを教えてもらいながら転職活動を行うと、今後のためになりますよ。もちろん利用については無料です。

まとめ

以上、20代の転職で考えたい4つのことをご紹介させて頂きましたが、如何でしたか?20代の転職は上の年代の転職と比べると選択肢も豊富で非常に希望に溢れた転職活動であるとも言えます。しかし、甘い考えや現在の会社から逃げたいというスタンスで転職活動をしてしまうと失敗してしまうことも現実としてはあるのです。今回紹介した内容をしっかりと頭において、転職活動を行い、あなたの人生にとってプラスになる転職を是非成功させて下さいね。